敏感に反応するRODDIO Compactドライバー | ゴルフを楽しもうヨ

敏感に反応するRODDIO Compactドライバー

0

    いつもお世話になっています。SPASgolf天国(有限会社宏英ゴルフ)の生野です。

    SPAS golf 天国ポンパレモール店はこちらです。

     

    RODDIO CompactドライバーディープバックヘッドにSTELLA6シャフトのドライバーが

    左に曲がってゆく、試打クラブの時は良かったのにどうしてだろう、とお客様から先日

    連絡を頂きました。

    試打クラブと同じ出来上がりスペックになるよう組み付けたのですから、どうしてだろうと

    考えました。

    RODDIO Compactドライバー

    OBになるほどでもないのですが、気になる曲がりが出るのです。

    出来上がりスペック表を確認すれば直ぐにわかるのに、いくら考えても原因が判りません。

    そこで、試打クラブと違うところは何処だと、違う点を探しました。

     

    お預かりしたドライバーと試打クラブの組み付けたときのスペック表を見ると、試打クラブに

    比べてお客様のドライバーのヘッド重量が若干軽いことが判りました。

    スペック表を見れば、画像のウェイトスクリュー太陽(赤)だけが3.8gになっています。

     

    そのウェイトスクリューを2.5gに替え、星(黄)のウェイトを3.8gに替えたところ、試打クラブと

    ほぼ同じ弾道で、チョット高めの弾道になって、今まで届いたことのない地点まで飛びました。

     

    お客様は上級者でこのウェイトスクリューを敏感に感じたのでしょうね。

    チューニング後は弾道が若干高くなったけど、スピン量の少ない球で飛んでいるから、

    良かったなと胸をなで下ろしています。

     

    460ccのドライバーでは1.3gの鉛で多少の違いはあったものの、ここまで違う事は少なかった

    ので我々も460ccドライバーに慣らされていたのかと改めて感じました。

    昔パーシモンヘッドの頃の記憶を引き寄せれば1gとか多くても2gの鉛で調整をしていたと

    かすかに思い出してきました。

     

    385ccのヘッドは1.3gの鉛で弾道が大きく変わるのです。

    過ぎたるは猶及ばざるが如し、と言われるようにRODDIO Compactドライバーはウェイトを

    多く使わなくてもご希望の弾道にできるので、多くを使って混乱しないようにと自分を戒め

    ています。

     

    特注カスタムクラブのお問い合わせ

    にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ用品へ
    ブログランキングに参加しています。クリックしていただければ幸いです。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    当店オススメの特注カスタム

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM