グリップの話 | ゴルフを楽しもうヨ

グリップの話

0

    いつもお世話になっています。SPASgolf天国(有限会社宏英ゴルフ)の生野です。

    SPAS golf 天国ポンパレモール店はこちらです。

     

    ゴルフクラブは大きく分けてヘッド、シャフト、グリップから出来上がっています。

    ヘッドやシャフトの重要性は特に強調されているのですが、グリップはヘッドやシャフト

    ほど重要視されていません。

     

    グリップ

    ツルツルになって滑るのに使っているゴルファーもいるし、1年間のシーズン中、グリップに

    手の形が判るほどになっても替えないというプロゴルファーもいると聞いたことがあります。

    プロゴルファーは意味があって替えないのでしょうが、一般アマチュアはチョットでもテカって

    きたらグリップ交換をしないと滑って危険です。

     

    お客様の中には2〜3ラウンドしたらグリップ交換する方もいらっしゃいます。

    いつも新しいグリップでゴルフをしたいのでしょうね。

    そしてグリップを替えるだけで新鮮な気持ちになるからでしょうね。

     

    ところが飛び込みで来られたお客様は新品のグリップのようで、汚れもないグリップなのに

    交換してくれと仰います。

    何故だろうと思っていましたら、仕事が忙しいためグリップ交換をどなたかに頼んで、それを

    奥様に受け取りに行ってもらったそうですが、握ってみると下巻きテープが不揃いだと気が

    ついたので交換に来たと仰います。

     

    グリップしただけで、螺旋巻きで巻いている下巻きテープが綺麗に隙間なく巻かれていない

    クラブがあったり、下巻きテープが重なって巻かれていると仰るのです。

     

    超有名プロはグリップの巻き方に神経質であったことも知っています。

    チョットでも隙間や重なりがあると直ぐに巻き直せていました。

    私はあのレベルの人だから判るのだと勝手な解釈をしていました。

     

    シャフトが同じなのにグリップの太さの違いは握れば私でも長年の経験から判ります。

    しかし、隙間があるとか少し重なっているは判りません。

    勿論お客様のグリップ交換には隙間もなく重なりもないように慎重に下巻きテープを巻いて

    行きます。

     

    お客様には失礼かと思いましたが、このアイアンは隙間がありますか、ないですかと聞いて

    グリップを剥がしますと、お客様が仰る通りに、違っていることも中にはあっても多くは隙間が

    あったり、重なって巻いていたりしています。

     

    まさかレントゲンのような透視眼をもっているのかと信じられません。

    昔、大学のゴルフ部出身者から同じような話を聞きましたが、その方は超有名プロと同じく

    プロゴルファーです。

    プロゴルファーと同じようにわかるゴルファーはいらっしゃるのですね。

    お客様がお帰りになった後も暫くは店の者と一緒にポカーンとしていました。

     

    特注カスタムクラブのお問い合わせ

    にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ用品へ
    ブログランキングに参加しています。クリックしていただければ幸いです。

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    当店オススメの特注カスタム

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM